気になる銀歯を解消する方法

銀歯を見られているような気がして会話や食事がしたくなくなる、歯が気になって思いっきり笑えないなどのお悩みがある方は、審美歯科治療をご検討ください。詰め物や被せ物を金属から白い素材に替えることで、噛む機能を整えつつ、見た目も美しくするのが審美歯科です。口元が気になる方は、稲城市向陽台にある歯科医院「向陽台総合歯科」にご相談ください。今よりもきっと、笑うことが楽しくなるはずです。

銀歯の落とし穴

見た目が不自然 白い歯の中に銀歯があると目立ちます。北欧などの歯科先進国では詰め物に銀歯はあまり使われていません。
歯ぐきが黒ずむこと 口の中の金属は、イオン化して少しずつ溶け出します。イオン化した金属が歯ぐきに付着することで、黒ずんでしまうことがあります。
金属アレルギー イオン化して溶け出した金属が体内に取り込まれると、肌荒れなどの金属アレルギー反応を起こす可能性があります。
歯と歯ぐきの間の黒い線ができることがある 表面部分はプラスチックやセラミックを使用していても、土台に金属を使っている場合もあります。歯ぐきが後退したときに金属が黒い線のように見えてしまうことがあります。

取り扱い素材紹介

ジルコニア
オールセラミックの一種で、「人工ダイヤモンド」にも用いられるジルコニアを使用した素材。強度と耐久性が高く、割れにくいため、どの歯にも使用できる。
メリット
  • オールセラミックよりで自然で美しく透明感がある
  • ほとんど変色しない
  • 磨耗に強く耐久性が強い
  • 清潔感があり、歯垢がつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 固い素材ため、噛み合う歯を傷つけることもある
  • 被せる際に歯を削らなくてはならない
審美性 【見た目】★★★★★ 【耐久性】★★★★★
オールセラミック
セラミックのみでできた素材。天然歯に近い白さと透明感があるが、治療費はやや高額になる。細菌が付着しにくい素材のため、むし歯になりにくい。
メリット
  • 天然の歯に近い透明感で、自然の仕上がりになる
  • 好みの白さに調整ができて、汚れがつきにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯の根元や歯ぐきへの変色がない
デメリット
  • 強い衝撃により欠けたりすることがある
  • 被せる際に歯を削らなくてはならない
審美性 【見た目】★★★★☆ 【耐久性】★★★★★
ハイブリッドセラミック
セラミックと歯科用プラスチックを混ぜた素材。自然な白さがあるが、変色しやすく、オールセラミックに比べるとやや審美性に劣る。
メリット
  • 自然な歯の色に近い
  • 硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯の根元や歯ぐきへの変色がない
デメリット
  • 長期間の使用により変色する
  • 割れる可能性がある
  • 透明感がジルコニアやオールセラミックに比べてやや劣る
  • 被せる際に歯を削る必要がある
審美性 【見た目】★★★★☆ 【耐久性】★★★☆☆
メタルボンド
金属フレームにセラミックを焼き付けたクラウン。強度があって割れにくいが、金属アレルギーを招くリスクがある。フレームに貴金属を使用することで、金属アレルギーのリスクを抑えることが可能。
メリット
  • 中身が金属なので割れにくく、長持ちしやすい
  • セラミックの色調を選べ、変色しにくい
  • 汚れがつきにくい
デメリット
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 歯の根元や歯ぐきが黒ずむことがある
  • 透明感がジルコニアやオールセラミックと比べ劣る
  • 被せる際に歯を削らなくてはならない
審美性 【見た目】★★★★☆ 【耐久性】★★★★★
ゴールド
ゴールドでつくられた、詰めもの・被せもの。
メリット
  • 耐久性に優れ、奥歯にも使用できる
  • だ液により溶けにくく、歯ぐきを黒ずませたり金属アレルギーを招くリスクが少ない
デメリット
  • 見た目が目立つ
審美性 【見た目】★★★★☆ 【耐久性】★★★☆☆

歯の黄ばみを白くするホワイトニング

白い歯には清潔感があり、好感が持てますよね? 他人の白くきれいな歯を見て、うらやましく思った経験をお持ちの方も多いかと思います。そんな方にはホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングとは、薬剤を使って歯を削ることなく白くする施術です。かつては、ホワイトニングを受けるのは芸能人やモデルの方に限られていましたが、近年では一般の方も数多く受診されるようになりました。ホワイトニングはすでに身近な治療となっています。あなたも人にうらやましがられる白い歯を手に入れませんか?

歯の白さが与える印象

白い歯の印象は、あなたの笑顔や表情をよりよいものにしてくれます。白い歯と黄ばんだ歯のイメージを比較してみましょう。

白い歯の印象
黄ばんだ歯の印象
清潔感がある
爽やかな印象
若々しく見える
顔全体が明るく見える
不潔そうに見える
疲れて老けた印象
肌がくすんで見える
全体的にぼんやりした印象になる

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングは、歯医者で行うホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に塗布し、特殊なレーザー光をあてることで歯を白くします。施術には1時間ほどがかかりますが、比較的すぐに歯を白くすることが可能です。ただし、短時間で歯を白くすることができる反面、短期間で色が後戻りするという難点もあります。
ホームホワイトニング
ホームホワイトニングは、歯科医院でつくった専用のマウスピースに自分で薬剤を注入し、そのマウスピースを1日1時間程度装着する方法です。効果が出始めるのに少し時間がかかりますが、時間をかけて薬剤を浸透させるので元の色に戻りにくく、効果が長続きします。
デュアルホワイトニング
デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。歯科医院でオフィスホワイトニング施術を行った後、自宅などでホームホワイトニングを行います。2つの方法を組み合わせることによって短期間で歯が白くなり、効果が長持ちするという利点がありますが、費用はその分高くなります。

ホワイトニングの注意点

ホワイトニング前
  • ホワイトニング効果には、個人差があります
  • インレー(詰めもの)、クラウン(被せもの)などの人工物を白くすることはできません
  • テトラサイクリンによる変色には効果が出にくいことがあります
  • 虫歯・歯周病などがある場合には、そちらの治療が優先になります
  • 18歳未満の方、妊娠中の方は、ホワイトニングは受けられません
ホワイトニング中
  • 薬剤は、医師の指示に従って管理・使用してください
  • ホワイトニング前には、きちんと歯みがきをしてください
  • ホワイトニング中に飲食・喫煙はできません
  • ホワイトニング期間中は歯が再着色しやすい状態になるため、喫煙や色素の強い飲食物は控えてください

ホワイトニング後
  • ホワイトニング後の白さを維持するために、定期的にメンテナンスを受けましょう

銀歯や歯の黄ばみでお悩みの方は、一度当院までご相談ください 042-379-8244

ページの先頭へ戻る